テレワーク 新しい働き方

皆さん、こんにちは。

バッグメーカー松下ラゲッジ営業担当です。

 

今回は昨年の流行語大賞にもノミネートされ、今、毎日の様にメディアで使われているワード【テレワーク】に関して特集致します。

 

既に実際に経験されている方も多いかと思います。

改めてテレワークの説明から簡単にさせて頂きます。

 

テレワーク : 「tele=離れたところで」と「work=働く」を合わせた言葉

テレワークとは、情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

リモートワークとも呼ばれています。

テレワークは、働く場所によって、①自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、②モバイルワーク、③施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられます。

 

テレワークは、社会、企業、就業者の3方向に様々な効果(メリット)をもたらすと言われています。

テレワークによる働き方改革は、ワーク・ライフ・バランスの実現 、人口減少時代における労働力人口の確保、地域の活性化、非常時における業務継続の確保などの実現に寄与して来ており、今後も期待されています。

 

新型コロナウイルスの影響でテレワークをする会社が増え、緊急事態宣言が発令された際は多くの会社がテレワークを導入しました。
また、緊急事態宣言後も継続でテレワークを行う会社も多く、オフィスの縮小や地方への会社移転をする企業も増えてます。

今後も警戒が続き、withコロナで変化する働き方に合わせて必要なものも変わっています。
このホームぺージでは、ニューノーマルと言うテーマで、テレワークをするために必要とされている機器など収納するアイテム、快適にテレワークを行うアイテムをまとめています。

 

変化する働き方と対応する商品をご紹介します。

 

・通勤スタイル

テレワークの普及により、パソコン・タブレットなどの情報通信機器を持ち歩くことが必然となります。

今までもパソコンバックは多く在りました。松下ラゲッジの新しく提案するパソコンバッグはこれです。

今使っている鞄に収納出来るパソコン・タブレットインナーケースです。

スリムPCケース M 05-N-0009

スリムPCケース S 05-N-0008

 

感染防止、蜜を避けた出勤も当たり前になっています。

時差出勤などです。最近では東京都都知事:小池さんから新しく【テレハーフ】と言う新しい働き方の提案もありました。

テレハーフ : 「tele=離れたところで」と「half=半分」を合わせた言葉

半分はテレワーク、半分は出勤する。を一日の内で行う。と言う内容をテレビでアピールされていました。

昭和の時代の半ドン(昼まで勤務)と言う仕事のやり方と同じのようです。

このスタイルにする事で、時差出勤・社内での密回避を行い乍ら、経済活動も復活させて行こうと言う事の様です。

そんな出勤スタイルに自転車を使用し、蜜回避・巣ごもり運動不足回避を行う方も増えています。

そんな方にはこの商品はいかがでしょう。

ビジネスリュック 05-N-0004

自転車通勤用ブリーフバッグ 05-N-0005

・小物整理収納

テレワークを実施すると、パソコン・タブレットは勿論ですが、その他にも色々なモバイルガジェット機器を使用するシーンが増えます。

リモートで打ち合わせする時には、ヘッドセット・マイク・スピーカー・webカメラなどと言った機器を使うシーンもあります。そんなモバイルガジェット機器を綺麗に整理して収納出来るのがこの商品です。

ヘッドセット収納ケース 05-N-0014

PC周辺機器収納ポーチM 05-N-0013

PC周辺機器収納ポーチS 05-N-0012

中身が一目でわかるポップアップポーチ 05-N-0003

・卓上の整理整頓

自宅でのテレワークでは、自分の書斎を持っている人も少なく、リビングや部屋の一部を使用して、仕事スペースにされている方も多いのではないでしょうか。

どうしても、充分なスペースがなく卓上も狭く、仕事もやりにくいですよね。書類・文具・モバイル機器など使用する物は多く、手の届く位置に置いて仕事したいですね。

卓上の小物を使いやすく整理して収納出来る商品がこれです。

中身が一目でわかる自立型タブレットケースM 05-N-0011

中身が一目でわかる自立型タブレットケースS 05-N-0010

・自宅での整理整頓

リビングや部屋の一部で仕事をしていると、仕事が終わった後は、家族の共有スペースに戻す必要がありますよね。でも、また明日も時間になれば仕事をするから、仕事道具を片付けるのは面倒!

そんな方には、この商品はいかがですか。

在宅ワーク収納 BOX L 05-N-0002

在宅ワーク収納 BOX M 05-N-0001

 

私も実際にテレワークを行っております。

通勤は車です。完全に在宅と言う訳ではなく、比較的会社への出勤もあります。

書類などを会社と自宅への持ち帰りが当たり前になって来ました。いつも使っている鞄とは別に、仕事用として、この鞄に書類を入れて持ち帰って仕事してます。

ビジネスツールが全て入る縦型トートバッグ 05-N-0006

ビジネスツールが全て入る横型トートバッグ 05-N-0007

この様に、松下ラゲッジはwithコロナの新しい働き方に対して、ニューノーマルと言うテーマで皆さんが快適に仕事が出来る様に、鞄メーカーとして、便利な機能・新しい使い方を皆さんに提案し、鞄で皆さんをサポートして行きます。

 

テレワークが当たり前の働き方になり、これからは在宅やサテライトと言った屋内での仕事ではなく、モバイルワーク:アウトドアテレワーク、晴れた日の屋外や景色の良い場所でリフレッシュしながら仕事をする

事も当たり前になって来ます。

そして、ワーケーションと言う言葉も使われ始めました。

ワーケーション : 「work=仕事」と「vacation=休暇」を合わせた言葉

全く相反する意味が一つになった言葉です。ではどうゆう事か。

例:家族で旅行に行きます。その旅行先で、お父さんは時間を見つけてテレワークで仕事をする。

家族はゆっくりと過ごす。 本当かな?と思うような事ですね。

リゾート地や観光地などは、既にワーケーションをテーマにした旅行ガイドもプランを作成し、アピールを

しています。これからのトレンドになるかも知れませんね。

 

次回はそういったワーケーションで皆さんをサポート出来る商品を紹介して行きます。