在宅ワークなどに最適『縦型トート』

こんにちは!
松下ラゲッジ株式会社 企画担当です。
2021年始まりましたがもう1カ月過ぎようとしていますね。

そんな中で仕事ではテレワークが定着してきました。
今回紹介するバッグは、
長期在宅ワークの人、シフト制で会社を往復する人、営業時間の短縮で持ち帰る仕事が増えた人などにおすすめの『縦型トート』です!

ビジネスツールが全て入る縦型トートバッグ 05-N-0006

 

こちらのバッグは前から見ると普通のトートバッグですが、


上から見ると八角形になっているんです。
ちょっと分かりづらいですかね…

そして仕切りが2つ付いていて、台形部分と四角形部分に分かれています。
仕事で使う書類や参考書などは真ん中の四角形部分に収納します。

前後の台形部分にはパソコンやタブレットを収納できるポケットや
メモ帳や定期なども収納できるポケットがあります。

また、片側にはヘッドフォンを固定できるストラップがついています。
リモート会議などで必要になり買い足した人もいるのではないでしょうか。
もうニューノーマルの必需品ですね。

なぜ仕切りが付いていて区分されているのかというと、仕切りがついている事によってパソコンやタブレットなどの電子機に干渉する事なく収納できるのです。
もちろん仕切りやPCポケットや本体に芯材を入れているので安心です。

そして底が直接地面に着かないように工夫しているので「パソコンが入っているけど間違って少し雑に置いてしまった!」なんて事があっても大丈夫です。

 

そして言わずもがな…こちらのバッグは自立します!
仕事場で使うバッグはやはり自立する方がありがたいですよね。
見た目に関しては、外にポケットがついていない分すごくシンプルでビジネスにも最適なデザインになっています。
その分、中のポケットを充実させているので物足りなさは感じないと思います。
(この辺りのポケットはもっとつけた方がいい、外側にも欲しい等はOEMで承っておりますのでぜひ…!)

 

では実際にものを入れてみましょう。

 

実際にものを入れてみるとこんな感じです。

真ん中の収納にはA4サイズの書類がしっかり入ります。
小物類・PC類は台形部分に収納できます。
バッグ自体形がしっかりしているので型崩れすることなく、パズルのように収納できるのはいいですね。

13インチのパソコンは少しはみ出してしまいます。
9.7インチのタブレットは余裕で入ります。

 

実際に肩にかけてみるとハンドルの長さは長すぎず短すぎず持ちやすい長さです。
そしてマチはしっかりありますが、真ん中で折れる仕組みになっているので肩に掛けた際もかさばる事はありません。

 

社内で会議がある時も必要なものはこのバッグに入れるだけで移動も楽にできますし、
在宅ワークの時は仕事類の収納場所として使用していただけます。

これからの新しい仕事様式におすすめです!

仕事だけに限らず、家庭内の収納などにも置き換えられると思います。
これからのものづくりをぜひ一緒に松下ラゲッジ株式会社とつくりませんか?

 

兵庫県の豊岡にある自然に囲まれた豊かな土地で、鞄をメインとしたものづくりをしているバッグメーカーですが、私たちはバッグにとどまらず、時代のニーズに合わせて様々なものづくりをしています。
HPで提案しているバッグのOEMはもちろん、一からの企画提案なども対応承っております。
商品の企画が固まっていなくても大丈夫です。長年積み重ねてきた経験・技術・提案力があるのでお力になれると思います。

興味を持って頂いた方はぜひ右上の【CONTACT】よりお問い合わせ下さい。